日本産マカの特徴・成分分析

マカの歴史

1500年代にスペイン人が南米を訪れたとき、マカを食べた馬が元気になって子供を何人も産んだことから、スペイン人兵士の滋養強壮のためのものとして重宝されるようになりました。

しかし、その後、キリスト教の布教のために現地の信仰が禁止され、お供え物として使用されていたマカは栽培が禁止されました。それでもペルーの奥地で密かに栽培されていました。それから400年以上たった最近になり、アンデス山脈の高地には元気な老人が多いことがわかり、その理由がマカであることが判明したのです。

ペルーでは、老若男女が健康のために料理・飲み物の中に入れて食されています。現在、アメリカ、日本及び中国を中心としたアジア、欧州等世界中から注目を浴びるようになり、健康食品に加工され愛用されています。

 

マカは、現在ペルーにとって外貨を稼ぐ重要な商品になっています。そのため、ペルー政府は種及び生のマカを海外に持ち出すことを法律で禁止しています。海外へ輸出する場合は、乾燥し粉末にしたもので輸出されています。

 

 

日本産マカの特徴


(1)国内の生産者が種から大事に栽培したマカ!安心で安全なマカ

マカはペルーの標高4,000m以上の低酸素・強烈な太陽と氷点下の厳しい環境で栽培される根野菜。 日本でマカを栽培するのは不可能な環境ですが、高度な知識と経験を持つ農業団体が、約20年の失敗の繰り返しの中から栽培期間中に農薬を使用せず、高品質なマカ生産する方法を確立しました。


(2)国内産マカは、ペルー産と比較し、注目の 『アルギ二ン』 が豊富

日本産マカは、ペルー産粉末と比較し、注目のアミノ酸の中の元気の素アルギニン』、女性に嬉しいコラーゲンの素『プロリン、アミノ酸の母『リジン』、現代社会のストレス抑制『ギャバ』数倍多く含有し、より健康維持促進・元気になります。


(3)ペルー産と比較し、注目の 『ベンジルグルコシノレート』 が豊富

”マカの不思議なチカラの源”と言われ、注目を浴びている活性成分の『ベンジルグルコシノレートですが、日本産マカは、ペルー産の粉末から抽出した高価なエキスより数倍含有し、 ペルー産粉末と比べると十数倍含有しています。


(4)ペルー産にはない、栄養成分が豊富な【マカティー】を商品化

マカティーには、豊富な栄養成分(アミノ酸、ビタミン、ミネラル、活性成分)が含まれています。緑茶の約2.5倍アミノ酸が含まれ、カルシウムは、抹茶・煎茶・紅茶の4含まれています。飲みやすく、毎日の美容・元気に!


(5)ペルー産と比べて新鮮なマカを提供

種まきから収穫、加工まで国内でおこなうことで、新鮮なマカを提供しています。


ベンジルグルコシノレートって何?

グルコシノレートは、カラシ、わさび、大根、ブロッコリー等のアブラナ科に含まれている活性成分(ファイトケミカル)です。このようなアブラナ科の野菜には脂肪族のグルコシノレートが含まれています。マカは芳香族(ベンジル)のグルコシノレートが含まれており、この成分がマカの大きな特徴ある成分だと言われており、国内外で注目されている成分です。



日本産マカの成分分析表


ペルー産マカ粉末から抽出した高価なエキス末は、通常0.4g0.6g/100g

日本産マカ粉末は、ペルー産マカ粉末と比べると十数倍含有しています。

上記データーは平成2412月に某研究所で検査した結果の一部を抜粋したものです。

  但し、日本産マカ粉末の全ての品質を保証するもではありません


日本産マカ粉末のタンパク質は、ペルー産マカ粉末の2含有しています。


日本産マカ粉末は、アルギニン(元気の素)・プロリン(コラーゲンの素)・

リジン(アミノ酸の母)・ギャバ(現代社会のストレス抑制)が数倍含有しています。

検査データーに関する証明書は、掲載しておりませんが詳細を把握したい場合はこちらからお問い合せください。



Powered by Flips